泌尿器科

ご利用案内

  • 総合診療科
  • 内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 外科
  • 心臓血管外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 腎・膠原病内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 循環器センター
  • 消化器センター
  • 下肢静脈瘤センター
  • 糖尿病専門外来
  • 肝臓専門外来
  • 女性専門外来

予約受付時間 平日8時30分~17時30分 土曜8時30分~13時 電話番号045-402-7015

担当医に聞いた3つの特長

  1. レーザーを用いた低侵襲治療を積極的に実施
  2. どの手術も早期退院を目指します
  3. 小児夜尿症の診察もします

診療内容

当院泌尿器科は低侵襲の治療を提供すべく日々努力しております。
1997年より尿路結石に対するESWL(体外衝撃波結石砕石術)を導入、これまでに約1800例の治療を行って参りました。2012年4月から内視鏡を使ったTUL(経尿道的尿管結石砕石術)という治療を導入しました。レーザーで石を粉砕・回収し体外に取り出せる治療です。結石の大きさ次第で誰にでも適用されるわけではありませんが、結石を確実に砕石できます。当院では従来のTULと軟性尿管鏡によるf-TULも行っております。

また、もう一つの診療の柱である排尿障害に対し、従来のTURP(経尿道的前立腺切除術)に加え、HOLEP(経尿道的前立腺核出術:レーザーを照射し、肥大した内腺(腺腫)を外腺から剥離し取り出します(核出:くり貫くこと))も開始しました。TURPに比べて出血量を少なくすることが可能となり、入院期間や完治までの期間も短く、低侵襲な治療法として非常に注目されています。日本泌尿器科学会による前立腺肥大症ガイドラインでも推奨グレードAと最上級の評価となっております。

それ以外にも、膀胱腫瘍や間質性膀胱炎の診断に有効であるNBIシステム(がんの早期発見、病変の悪性度や範囲診断などを目的に、通常光観察とがんの栄養補給路である粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様などを、色調の違いとして強調表示する )を導入し、診断の一助としております。

最後になりますが、当科は上記に加え、TURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)やその他のEndurologyに力をいれております。検査においても膀胱鏡検査を始め、できるだけ侵襲の少ない器具を使用し、患者さんのニーズに少しでもお応えすることをモットーにしております。

最新治療のご案内

ホルミウムレーザー(バーサパルスパワースイート:ルミナス社)と内視鏡ビデオスコープシステム「EVIS LUCERA SPECTRUM」

夜尿症について

夜尿とは、夜間睡眠中に無意識に排尿することです。一般に4歳前後で排尿機能は確立し、5歳以降も持続する夜尿を病的と考え、夜尿症といいます。日本でははっきりとした疫学調査はありませんが、6歳~15歳児で日本全国におよそ50万人いると推測されています。そのうち15%ずつが毎年自然に治っていくと考えられ、3歳児の約50%、4歳児の約35%、5~6歳児で約20%、12歳児でも約5%にみられています。大半は自然治癒しますが、思春期以降まで放置すると成人しても夜尿が遷延することがあります。

原因

夜間多尿、睡眠覚醒障害、睡眠中の排尿筋過活動が、夜尿症の3大原因です。これらの原因は脳幹にある青斑核というノルアドレナリン作動性ニューロンを多数含む神経核などの機能が十分に働かないことによって、夜間多尿、就寝中の排尿筋過活動と睡眠覚醒障害が引き起きされている可能性が次第に明らかになっています。
その他、睡眠時無呼吸症候群や先天性尿道狭窄などが原因になっている場合もあります。

治療

国際小児禁制学会(ICCS)で提唱されている、夜尿症治療の第一選択は、抗利尿ホルモン(ミニリンメルト®)と夜尿アラーム療法です。まずは、このいずれかもしくは両者を用いて治療します。なかなか改善が見られない場合、三環系抗うつ剤や抑肝散などを選択することもあります。

夜尿症は自尊心をかなり傷つけることがわかっています。
小学校入学以降も夜尿が続いている方は早めの受診をお勧めします。

担当医よりメッセージ

「子どもから高齢者まで、より患者さまに優しい泌尿器科」をモットーに、高齢化社会に伴う泌尿器疾患の問題や小児夜尿症の治療にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

担当医紹介

上杉達也
部長 上杉 達也

大森圭
医長 大森 圭

常勤
部長 上杉 達也
日本泌尿器科学会専門医・指導医
がん治療認定医
日本医師会認定産業医
医長 大森 圭
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者指定医
(ぼうこう又は直腸機能障害)
昭和大学江東豊洲病院泌尿器科兼任講師
佐藤 亘
非常勤
深貝 隆志
古敷谷 淳