手・指・肘のリハビリ(ハンドセラピー)

ご利用案内

  • リハビリテーション科について
  • 入院リハビリテーション
  • 外来リハビリテーション
  • 心大血管疾患リハビリテーション
  • 手・指・肘のリハビリ(ハンドセラピー)
  • 部門紹介
  • スタッフ
  • 施設基準
  • 診療実績
  • 対象
  • 活動報告
  • 見学申込・お問合わせ
  • スタッフ募集

    当院では、作業療法士が手の整形外科のリハビリテーション、すなわち『ハンドセラピー』を提供しています。

目的

    肘・手関節や手指の整形外科疾患を対象に、早期より手の外科専門医と連携し、家事や仕事など患者さまそれぞれの生活に合わせた『生活する手(Useful Hand)』の獲得を目的としています。

対象

    手指各関節の脱臼や骨折、手指腱断裂、ばね指、手指変形性関節症、橈骨遠位端骨折、拘縮、末梢神経障害など

実施内容

    <運動療法>
    患部のマッサージや、セラピストによる直接的、また道具を用いた間接的な関節可動域練習や筋力強化練習を行っています。


手関節の可動域練習 手指の可動域練習

訓練器具を用いた握力強化練習 訓練器具を用いた握力強化練習

    <精密知覚機能検査>
    骨折に伴う合併症や絞扼神経障害により神経が障害され、触っている感覚が鈍くなったり、慢性的な痺れが生じることがあります。そのような症状を呈した患者さまに対して本検査を実施し、知覚障害が生じている部位や範囲を正確に判断し、回復の過程や日常生活における実用性を評価します。当院では資格を取得したスタッフがSemmes-Weinstein Monofilament Test(SW-test)を用いて詳細な評価を行い、その結果に沿ったリハビリプログラムや日常生活のアドバイスを提供します。

    SW-testでは、太さの異なるフィラメントで皮膚を刺激し、感じることのできたフィラメントの番号に応じて閾値を測定し、結果をマッピングすることで神経損傷のレベルや程度を把握することが出来ます。


Semmes-Weinstein Monofilament 検査場面

    <物理療法>
    過流浴や超音波、低周波などの物理療法機器を用いて血流の改善を図り、術創部の皮膚や、筋肉などの組織の柔軟性を向上させることを目的とします。

    <装具療法(スプリント療法)>
    特殊な素材を用いて、患部の固定や関節の変形予防・矯正を目的に装具(スプリント)を作製します。

    スプリントとは主に手に用いる補装具のことを指します。手関節や手指の整形疾患の患者様に対して、患部の固定や関節の変形予防・矯正を目的に、医師の処方のもと、担当セラピストがお一人お一人に合わせて作成します。スプリントの素材は軽量であり、熱すると変形し、冷めると硬くなる熱可逆性の性質があります。また、汚れた際には水洗いできることが特徴です。 その場でセラピストが作製するため、安価であり、作製直後から生活で使用することが出来ます。不具合が生じた際も、当科へお持ちいただければその場で修正をすることが出来ます。


カックアップスプリント ダイナミックスプリント

セーフティーピンスプリント スプリント機材

実績

    当院では、スプリント療法を2017年11月より行っております。より質の高いスプリントを提供すべく業務終了後に練習を行うなど、日々自己研鑽に励んでいます。

    また、院外発表なども積極的に取り組んでいます。2017年度の『日本手関節外科ワークショップ』では、当院作業療法士が「手関節機能障害に対する当院のホームプログラムの有効性について」発表いたしました。


外来リハビリテーション

    平日の午後(13:20~15:20)に完全予約制
    にて行っています。