MRI装置

ご利用案内

  • 画像診断部について
  • 一般撮影検査
  • CT検査
  • MRI検査
  • 血管撮影検査
  • X線検査
  • マンモグラフィ検査
  • 体外衝撃波結石破砕術
  • 骨密度測定検査
  • PACS

MRI装置とは?

MRIとは、Magnetic Resonance Imagingの略称で磁気共鳴画像のことです。

この装置は磁場内における核磁気共鳴現象を利用して断層画像を得る方法で、CTとは全く違うものです。

MRI装置

ごく簡単に説明しますと、人間の体を構成している物質の大部分には水素の原子核が含まれており、MRIの磁場の中に人体を入れ、ある周波数(パルス)をかけると、この原子核が同じ方向にスピンするようになります。

その後パルスを切るとまた元の状態に戻っていきますが、組織によって元の状態に戻るまでの時間がそれぞれ異なります。この時間差をコンピュータで計算し画像にしています。

2018 年 12 月より、3TMRI装置が稼働しました。3TMRI導入により、1.5Tより高精細な画像を撮像することが可能となります。検査を受けて頂く装置の中も広くなり、検査中の音も3TMRI装置のなかで最も静かな最新3TMRI装置です。さらには、頭部検査においては映像を見ながらリラックスして検査を受けられる最新機能(シアター)を備えています。

既存の1.5Tとの2台体制となり、患者様の対応をより円滑に行え、緊急検査にも迅速に対応できる体制が整いました。検査の目的・部位や患者様の状態に合わせて、最適な装置を選択いたしますので、より安全に安心して検査を受けていただけます。


MRI画像

MRI検査の特長

MRIとCTの原理は全く異なるものの、同じ輪切り画像検査として、よく比較の対象となります。MRIはCTに対して以下のような利点と欠点を持っています。

利点

  • X線などの電離放射線を使用しないため、放射線被曝がない。
  • 生体を構成する組織の種類による画像のコントラストがCTより高い。
  • 造影剤を用いなくとも血管画像が撮像できる。
  • 骨による画像の乱れが少なく、骨で囲まれた脳底病変などはMRIが描出に優れている。
  • 軟骨や筋肉、靭帯などの軟部組織は一般的にX線で評価できないため、腰椎椎間板ヘルニアや靭帯損傷、骨軟部腫瘍などに有用。
  • 超急性期脳梗塞には拡散強調画像が有用で、CTより早期に病変を描出することができる。

欠点

  • 検査時間が長い。
  • 身体が入る穴が狭く奥行きもあるため、閉所恐怖症患者や小児には恐怖心を抱かせる。(3Tはシアター搭載することで緩和しています)
  • 検査時に工事現場のような大きな音がする。(3Tは音が静かになっています)
  • 高磁場に入ることになるため、金属は持ち込むことができない。

(MRI入室時注意事項及びチェックリストのご署名にご協力ください)

検査の流れおよび注意事項